失業手当の給付制限を解除する法

失業手当の給付制限は解除できます。チョトしたノウハウと手続きで合法的に給付制限を解除して失業手当を早く受け取りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

失業保険の給付制限を解除

役所には、知らないばかりに損してしまう事がイッパイです。
photo05 
>>>失業保険.com(失業保険のための知恵サイト)<<<

スポンサーサイト

PageTop

失業手当の給付制限を解除

イザ失業保険を申請しようとしたとき
最初に愕然とさせられるのが、給付制限という
自己都合退職に課せられる待機期間です。

給付制限により失業の認定日から90日間は
失業手当ては支給しないというひどい制度です。

しかも、90日後からスタートして、やっと28日後からの支給。
失業認定期間中のアルバイトなどは、一切厳禁で
結局、自己都合での退職では、約4ヶ月は無収入の状態になります。

これでは、落ち着いて、求職活動などはやれません。
しかし、ハローワークの説明会では決して教えない
自己都合退職での給付制限を解除する方法は、あるのです。

>>自己都合退職による給付制限を解除する方法

失業保険 延長
PageTop

自己都合退職を会社都合退職に変更しましょう

失業認定を受けても、給付制限が付いたり短い受給日数では
よほどゆとりのある人以外は満足な求職活動など
やってる暇はありません。

合法的な方法で自己都合退職を会社都合退職に変更したり

受給日数を増やしたりして、ゆとりのある求職活動に励みましょう。


>>失業保険で圧倒的に得する方法<<

失業給付の延長はハローワークではあまり親切には
教えてくれませんが、正当な日本国で実施されている救済制度です。

決して裏技や違法行為などのいかがわしい物ではありません。

もちろん生活保護ではありません。

一定の資格さえ満たしていれば、誰でも利用することができます。

このマニュアルは、あなたの悩みを全て解決してくれます。


>>失業保険で圧倒的に得する方法<<

このノウハウは、あなたの人生のステップアップに大きな力になるでしょう。


PageTop

短い失業給付期間も最長850日まで延ばせます

失業手当の給付期間は、自己都合退職の場合
90日から最長150日しか受給できません。

最近は色々な優遇策が一定期間付与されていますが
よほどの条件がない限り、ほとんどの人は長くて180日程度でしょう。

自己都合退職の場合約4ヶ月先からの90日間のみ・・・。
これでは、とても落ち着いて仕事探しなどできません。

でも、少しのノウハウと事前の準備があれば
失業手当の給付期間は最長850日まで延ばす事は本当にできるのです。

国の定める正式なセーフティネットだけど以外に知られていないのです。

>>失業保険の給付期間を延長する方法<<

現在、失業給付を受けている方も延ばすことができます。

PageTop

離職証明(事業所の倒産等)その3

(3)労働契約期間満了による離職
 労働契約期間満了とは、例えば契約期間が1年間といった期間の定めがある労働契約により雇用されていた者が、契約期間が終了したことにより離職した場合をいいます。
 「採用又は定年後の再雇用時等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職」の場合を除きます。
労働契約書、雇人通知書、契約更新の通知書などが必要。
絶対有利な会社都合退職
>>自己都合を会社都合退職にする方法<<

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。