失業手当の給付制限を解除する法

失業手当の給付制限は解除できます。チョトしたノウハウと手続きで合法的に給付制限を解除して失業手当を早く受け取りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

短い失業給付期間も最長850日まで延ばせます

失業手当の給付期間は、自己都合退職の場合
90日から最長150日しか受給できません。

最近は色々な優遇策が一定期間付与されていますが
よほどの条件がない限り、ほとんどの人は長くて180日程度でしょう。

自己都合退職の場合約4ヶ月先からの90日間のみ・・・。
これでは、とても落ち着いて仕事探しなどできません。

でも、少しのノウハウと事前の準備があれば
失業手当の給付期間は最長850日まで延ばす事は本当にできるのです。

国の定める正式なセーフティネットだけど以外に知られていないのです。

>>失業保険の給付期間を延長する方法<<

現在、失業給付を受けている方も延ばすことができます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。