FC2ブログ

失業手当の給付制限を解除する法

失業手当の給付制限は解除できます。チョトしたノウハウと手続きで合法的に給付制限を解除して失業手当を早く受け取りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

失業保険の手続き(離職証明)

失業保険の手続きに欠かせない離職証明書の「⑦離職理由欄」の各項目の内容と確認書頬

どんな場合も、労働者名簿、貸金台帳、出勤簿(タイムカード)は必ずご持参ください。
 安定所において、事業主が記載した離職理由を確認する必要がありますので、記載された離職理由に応じて、その内容を確認できる資料をご持参ください。
 その他、離職理由の判定に当たっては、必要に応じ、安定斬から事情を伺わせていただいたり、確認資料の提示をお願いすることがあります。
 離職理由については、事業主が主張する離職理由を離職証明書の離職理由欄(⑦欄)により把握した後、離職者が主張する離職理由を離職票の離職理由欄〈⑦欄)により把握し、両者の主張とそれぞれの主張を確認できる資料等による事実確認を行った上で最終的に安定斬において慎重に判定を行います。
 安定餅に提出される前に、必ず離職者本人に⑮・⑯欄の確認(記名押印又は自筆による著名、事業主が記載した離職理由への異議の有無についての記載)をさせてください。


色々細かい規約はハローワークで聞けますが。
ハローワークでは決して積極的には教えてくれないのが雇用対策制度です。
失業保険が切れてしまった人でも、
雇用保険の加入期間が足りない人でも、
自営業を廃業したなど、
もともと失業保険をもらえない人でも利用可能です!
詳しくは>>>知らなかった・・では済ませられない雇用対策制度(クリック)<<<

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。