FC2ブログ

失業手当の給付制限を解除する法

失業手当の給付制限は解除できます。チョトしたノウハウと手続きで合法的に給付制限を解除して失業手当を早く受け取りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

離職理由欄の内容

定年、労働契約期間満了等によるもの。
(1)定年による離職
 就業規則等により定められている定年により離職し 就業規則などた場合がこれに該当します。
(2)採用又は定年後の再雇用時等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職。
 労働契約は1年単位でも、別途、あらかじめ雇用期間の上限(3年間など)が定められており、上限に達したことにより離職した場合や労使協定に定められた更新基準に該当せず、離職する場合がこれに該当します。
 なお、平成23年4月1日以降、労使協定に基準を定めていない場合は、3の(1)の解雇に該当します。
・提出する資料
 労働契約書、雇人通知書、就業規則、労使協定など※就業規則に基準を定めることができる特例措置は、平成23年3月31日で終了しました。

色々細かい規約はハローワークで聞けますが。
ハローワークでは決して積極的には教えてくれないのが雇用対策制度です。
失業保険が切れてしまった人でも、
雇用保険の加入期間が足りない人でも、
自営業を廃業したなど、
もともと失業保険をもらえない人でも利用可能です!
詳しくは>>>知らなかった・・では済ませられない雇用対策制度(クリック)<<<

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。