失業手当の給付制限を解除する法

失業手当の給付制限は解除できます。チョトしたノウハウと手続きで合法的に給付制限を解除して失業手当を早く受け取りましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

離職証明(事業所の倒産等)その2

(2)事業所の廃止又は事業活動停止後事菜再開の見込みがないため離職
  事業所が廃止された場合、裁判上の倒産手続が執られていないが事業活動が事実上停止し、再開の見込みがない場合、株主総会等において解散の議決がなされた場合等の事業所が廃止状態にあることにより離職した場合がこれに該当します。なお、事業所の休廃止により解雇された場合は、3の(1)の解雇に該当します。
  解散の議決がなされた場合には、その議決が行われた議事録〈写)などが必要。
絶対有利な会社都合退職
>>自己都合を会社都合退職にする方法<<
PageTop

離職証明(事業所の倒産等)その1

(1)倒産手続の開始、手形取引停止による離職
 裁判所に対する破産の申立て、再生・更正手続開始の申立て、整理開始又は特別清算開始の申立て、事業所の手形取引の停止等により事業所が倒産状態にあること又は所管官庁から長期間にわたる業務停止命令がなされたことといった勤務先の事情を考慮し離職した場合がこれに該当します。
 なお、倒産等により解雇された場合は、会社都合の解雇に該当します。
 裁判所において倒産手続の申立てを受理したことを証明する書類が必要。

絶対有利な会社都合退職
>>自己都合を会社都合退職にする方法<<
PageTop

離職証明書の「離職理由欄」の内容と確認書頬

いずれの項目の場合も、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿(タイムカード)は必ずご持参ください。
 ハローワークにおいて、事業主が記載した離職理由を確認する必要がありますので、記載された離
職理由に応じて、その内容を確認できる資料(下記の各項日毎の持参いただく資料参照)をご
持参ください。
 その他、離職理由の判定に当たっては、必要に応じ、安定所から事情を伺わせていただいた
り、確認資料の提示をお願いするこrとがあります。
 離職理由については、事業主が主張する離職理由を離職証明書の離職理由欄(⑦欄)により
把握した後、離職者が主張する離職理由を離職栗-2の離職理由欄(⑦欄)により把握し、両
者の主張とそれぞれの主張を確認できる資料等による事実確認を行った上で最終時に安定斬に
おいて慎重に判定を行います

安定斬に提出される前に、必ず離職者本人に⑬・⑯欄の確認(記名押印又は自筆による著名、
事業主が記載した離職理由への意義の有無についての記載)をさせてください。
離職証明書等は速やかに作成し、離職日の翌々日から10日以内に安定所へ提出してください。
絶対有利な会社都合退職
>>自己都合を会社都合退職にする方法<<
PageTop

失業保険の手続き(離職証明)

失業保険の手続きに欠かせない離職証明書の「⑦離職理由欄」の各項目の内容と確認書頬

どんな場合も、労働者名簿、貸金台帳、出勤簿(タイムカード)は必ずご持参ください。
 安定所において、事業主が記載した離職理由を確認する必要がありますので、記載された離職理由に応じて、その内容を確認できる資料をご持参ください。
 その他、離職理由の判定に当たっては、必要に応じ、安定斬から事情を伺わせていただいたり、確認資料の提示をお願いすることがあります。
 離職理由については、事業主が主張する離職理由を離職証明書の離職理由欄(⑦欄)により把握した後、離職者が主張する離職理由を離職票の離職理由欄〈⑦欄)により把握し、両者の主張とそれぞれの主張を確認できる資料等による事実確認を行った上で最終的に安定斬において慎重に判定を行います。
 安定餅に提出される前に、必ず離職者本人に⑮・⑯欄の確認(記名押印又は自筆による著名、事業主が記載した離職理由への異議の有無についての記載)をさせてください。


色々細かい規約はハローワークで聞けますが。
ハローワークでは決して積極的には教えてくれないのが雇用対策制度です。
失業保険が切れてしまった人でも、
雇用保険の加入期間が足りない人でも、
自営業を廃業したなど、
もともと失業保険をもらえない人でも利用可能です!
詳しくは>>>知らなかった・・では済ませられない雇用対策制度(クリック)<<<
PageTop

離職証明書作成の留意点

☆ 離職繋の記載内容について訂正がある場合は、その箇所を2本線で抹消し、その上部に正しい事項を記載の上、欄外余白に下記要領で記載し、正印(代表者印)を押してください。
・訂正字数が同じ場合……○欄○○字訂正
・訂正字数が違う場合……○欄○○字削除△△字挿入
・抹消した場合……○欄○○字抹消
・挿入した場合……○欄○○字挿入

* 訂正した欄の数に応じて訂正印が必要となります。

* 印鑑が持ち出せないような場合は、窓口で訂正を行うこともありますので、あらかじめ2枚日の欄外余白に捨印を押しておいてください。

☆ 離職日以前2年間において、病気等により30日以上引き続いて賃金の支払いを受けることができなかった場合は、その期間・病名等証明できるもの(医師の診断書・傷病手当の支給申請書等)を添付してください。
面倒な手続きもやさしく解説
>>失業保険で圧倒的に得する方法<<

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。